Placeholder image

Software−Defined Storage機能を強化したDRBD9のサポート開始について

株式会社サードウェアは、提携先のLINBIT社が2015年6月16日にリリースしたDRBD9の日本国内でのサポートを、2015年6月17日から開始しました。

報道機関各位

2015年6月17日

サードウェア、Software−Defined Storage機能を強化した次世代データレプリケーションソフトDRBD9のサポートを開始

多ノード・リアルタイムレプリケーション、RDMAサポートなど 多数の業界初の機能を搭載して登場

 
 

2015年6月16日にLINBIT Information Technologies GmbH(本社: オーストリア、ウィーン市、以下「LINBIT」)は、ストレージのレプリケーションと災害復旧のためのLinux用オープンソース・ソフトウェアDRBDの最新バージョンであるDRBD9(DRBDバージョン9)の正式リリースとサポート開始を発表しました。

株式会社サードウェア(東京都墨田区、代表取締役:久保 元治、以下「サードウェア」)は、LINBITの日本総代理店として、かねてよりDRBD9に取り組んでおり、日本国内向けサポートを2015年6月17日から開始します。

■DRBDについて

DRBDは、まったく同一のデータを同時に複数台のコンピュータのディスク装置に書き込むためのソフトウェアで、サービスの可用性を高めるクラスタシステムや災害に備えた複数拠点へのデータ複製システムとして利用できます。Linux向けのオープンソース・ソフトウェアとして誰でも自由に使える一方で、LINBITやサードウェアが商用サポートを提供しているため、ミッションクリティカルな基幹業務を含む多様なシステムで、10年以上にわたって世界中で幅広く使われています。

このたび発表されたDRBD9は、従来のバージョンとの完全な互換性を維持しながらも、高速かつ大容量のSoftware-Defined Storage(「ソフトウェアで制御するストレージ」、以下「SDS」)向けの多数の新機能を実現した新製品です。また、多数のITベンダーが共同開発しているOpenStackのブロックストレージ機能(Cinder)用のドライバをOpenStack次期リリースLibertyから提供する予定です。

■DRBD9のおもな機能

DRBD9の特徴的な機能は以下のとおりです。

ハイパーアベイラビリティ(可用性の大幅な向上)

DRBD9は業界で初めて(※)、最大31台のサーバにデータをリアルタイムでレプリケートできる機能を実現しました。すべてのサーバが相互にネットワーク接続を張る「フルメッシュ」アーキテクチャは、局所的なネットワーク障害の影響を受けない信頼性、および無駄なトラフィックを減らせる効率性をもたらしています。
レプリケーション先に遠隔拠点のサーバも追加できるため、個々のサーバレベルの障害に対する可用性向上に加えて、データセンター単位の災害対策を同時に実現する、ハイパーアベイラビリティを実現します。

150616-drbd9-image1

ストレージ性能とネットワーク性能を生かした高速レプリケーション

DRBD9は過去のバージョンで培った高速レプリケーション技術を継承し、発展させています。

最適化したレプリケーション管理により、ソリッドステート・ドライブ(SSD)やPCIeストレージなどの性能を生かしたレプリケーションを実現。さらに複数のレプリケーション先から分散して読み込む分散処理を業界で初めて実現(※)。冗長化しない単体ストレージよりも高速な総合性能を実現することも可能です。

PCIeストレージの高速なI/O性能に見合ったネットワーク性能を実現するために、DRBD9ではInfiniBandのRDMAによるレプリケーションを実現しました(業界初※)。現在主流の10ギガビットネットワークの数倍のレプリケーション性能とCPU負荷の減少を実現します。

150616-drbd9-image2

2台から1,000台以上まで無停止で拡張できる拡張性

DRBD9と並行して開発された運用管理ツールdrbdmanageを使えば、最小構成の2台から1,000台以上の大規模構成まで、DRBD9ストレージシステムを無停止で拡張できます。また、drbdmanageのAPIを経由してLinuxサーバのストレージとDRBD9を制御できるため、DRBD9の高性能でスケーラブルなストレージ機能を、OpenStackを含むLinux上のストレージソリューションからフル活用することも可能です。

150616-drbd9-image3

実質的に容量無制限のストレージ

仕様上、DRBD9はサーバあたり対向サーバとの間で600億個以上の最大1ペタバイトのディスクボリュームをレプリケートできます。このように、DRBD9が取り扱えるデータサイズは、実質的に無制限です。

OpenStack Cinderドライバの提供

DRBD9ストレージクラスタをOpenStackのブロックストレージとして利用するためのCinderドライバをOpenStack Libertyから提供する予定です。

(※) LINBIT調べ

■DRBD9のサポート

サードウェアはLINBITの日本総代理店として、2008年からDRBD、Heartbeat、Corosync、Pacemakerで構成される高可用性ソフトウェア群を、約20社の国内パートナーとともにサポートしてきました。

DRBD9は従来バージョンと互換の後継バージョンとして、高可用クラスタシステムや災害対策システムにも引き続き利用できるだけでなく、高性能でスケーラブルなSoftware-Defined Storageソリューションを提供するものです。

サードウェアでは、「LINBITクラスタスタック・サポート」、各種ユーザ教育コース、コンサルティングサービスなどを通じてDRBD9をサポートしてまいります。また、各種ドキュメントの日本語版、技術情報、リファレンスアーキテクチャや事例などの情報提供を通じて、DRBD9の普及を推進してまいります。

■本リリースに対するエンドースメント

本リリースにあたって、ミランティス・ジャパン合同会社様、TIS株式会社様から以下のエンドースメントをいただいております。

ミランティス・ジャパン合同会社 リージョナルダイレクター 下平 中様

DRBD9のOpenStackとの連携ソリューションの展開と、サードウェア社の国内でのサポート開始を歓迎いたします。OpenStackのミッションは、ベンダロックインを避け、より多くのテクノロジーの柔軟な選択肢をお客様に提供することです。DRBD9の国内での提供開始は、また一つ多くのSDSの選択肢をお客様に提供することになります。

TIS株式会社 IT基盤技術本部 OSS推進室長 溝口 則行様

TIS株式会社は、株式会社サードウェアが提供する『DRBDバージョン9』を歓迎します。当社ではTISエンタープライズOSSサポートサービスの推奨OSSスタック「ISHIGAKI Template」( http://www.tis.jp/r/oss/ )に、DRBDなどのLINBITクラスタスタックを組み込んで提供しており、ミッションクリティカル領域にOSSを活用するためには、DRBDが実現する高可用性機能が必須となっています。

今後は、ハイブリッドクラウド環境や、多ノードクラスタ構成への適用を推進していくために、SDI(Software Defined Infrastructure)の技術にも積極的に取り組み、提供OSSスタックに組み込んでいく予定です。そのためにOpenStack Cinder対応のDRBDバージョン9が重要な役割を担ってくれると期待しています。

■DRBD9の紹介資料

DRBD9の新機能の概要は以下のURLでご覧いただけます。

■LINBIT Information Technologies GmbHについて

LINBIT Information Technologies GmbH(本社: オーストリア、ウィーン市、以下「LINBIT」)は、データ保護製品のDRBD、高可用クラスタ管理システムのHeartbeatの開発元であり、Pacemaker開発プロジェクトの中心的なメンバーです。

URL: http://www.linbit.com/

■株式会社サードウェアについて

株式会社サードウェアは、Linuxにおけるデータ保護、高可用性・高信頼性システムをリードする企業です。

2008年に開始したThirdware Linux-HAサポートにおいては、リアルタイムのデータレプリケーション、高可用性、災害対策を実現する、DRBD、Corosync、Pacemakerのインシデントサポート、ユーザ教育、システム構築サービスなどを提供しています。2年連続で年率150パーセントの成長を達成し、提携先のLINBIT社(オーストリア、ウィーン市)から「パートナー・オブ・ザ・イヤー2013」のアワードを受賞しています。

URL: https://www.3ware.co.jp/

DOWNLOAD
ダウンロード

img06

DOWNLOAD

カタログ、セミナー資料のダウンロード

img06

DOWNLOAD

技術資料、マニュアルのダウンロード

img06

DOWNLOAD

ユーザ事例のダウンロード