認定バイナリのサポート期間

認定バイナリの優位性

LINBITクラスタスタックの構成ソフトウェアはすべてオープンソース・ソフトウェアです。ソースコードはすべて開示されていて、希望者は自らコンパイルして利用できます。また、いくつかのLinuxディストリビューションやコミュニティのリポジトリは、これらのバイナリパッケージを供給しています。

LINBITクラスタスタック・サポートの契約ユーザ向けに提供される認定バイナリは、サポート契約が必要です。しかし、コミュニティが提供するバイナリと比較して、以下のメリットを持っています。

パッケージ管理の手間を最小化
認定バイナリはサポート対象ディストリビューションのリポジトリ形式で提供され、相互に組み合わせて動作することが検証済みです。ビルド時に前提ソフトウェアの依存性その他で悩んだり、不適切なコンパイルオプションで期待した動作にならないといった問題は起こりません。また、いつでもインストール、アップデートできます。
コミットされたサポート
LINBITクラスタスタック・サポートは、標準応答時間が定義されたインシデントサポートが含まれます。当社ならびに開発元の熟練エンジニアがソースコード・レベルでサポートします。さらにプラスおよびエンタープライズでは、通常のリリースサイクルでは間に合わない場合にホットフィックスも提供します。動作検証済みの認定バイナリは、これらの高度なサポートの前提条件になります。
長期サポート
ミッションクリティカルなシステムでは、安定稼働中のシステムはできるだけ手を加えずに運用することが望まれますが、脆弱性やバグへの対応は欠かせません。当社とLINBIT社は、DRBDバージョン8の認定バイナリを、ホットフィックス提供も含めて最長2022年までサポートします。

サポート対象ソフトウェアの現状

2019年3月現在、LINBITクラスタスタックのサポート対象ソフトウェアの主要なバージョンは、以下のように多少複雑になっています。

DRBD 8.3.16
バージョン8.3系の開発は2013年9月に終了しています。コミュニティ向けの修正はすでに終了していますが、LINBITクラスタスタック・サポートの認定バイナリでは今後もメンテナンスを提供します。
DRBD 8.4
当分の間DRBD9とともに機能強化とバグ修正の開発が行われます。
DRBD 9.x
2015年6月にリリースされ、現在のメインストリームです。また、今後もっとも活発に開発されるバージョンになります。
Pacemaker 1.0.13
2015年5月に開発終了したバージョンで、LINBITクラスタスタック・サポートではバージョン1.0系を使っている既存のシステムのメンテナンス目的でのみサポートしますが、新たなバグ修正は提供されません。
Pacemaker 1.1.12〜
現在のメインストリーム・バージョンで、認定バイナリの提供、ホットフィックス提供を含むインシデントサポートを提供します。
Heartbeat 3.0.5〜
10年以上にわたる実績を持つクラスタ管理システムとして、LINBITクラスタスタック・サポートでは引き続きメンテナンスを継続します。しか今後の新規クラスタシステムの構築にあたっては、Corosyncを推奨しています。
Corosync 2.3.4〜
クラスタを構成するノードの管理については、従来はHeartbeatを推奨していました。Corosyncについては、その機能と性能ならびに安定性が十分に成熟したと判断し、2015年2月からLINBITクラスタスタック・サポートのサポート対象に追加しています。
LINSTOR 1.0.0〜
SDSにおける管理ツールについては、従来はdrbdmanageを推奨していましたが、機能と性能・安定性に優れたLINSTORを2018年よりサポート対象に追加しております。
※注:LINSTORはSDSサブスクリプションのみサポート対象となります。それ以外の製品についてはサポート対象外となります。

長期サポートの詳細

長期サポートはフェーズ1、フェーズ2、拡張サポートの期間に分かれています。各サポート期間のサポート範囲は下表のとおりです(2019年4月現在)。

 
標準サポート
拡張サポート
フェーズ1
フェーズ2
サポート期限
〜2014年末
【8.3】~2013年
【8.4】〜2019年7月
【8.3】〜2022年末
【8.4】~2026年末
サポート対象バージョン DRBD
8.3.xおよび8.4.x
8.3.16および8.4.x
8.3.16および8.4.x
DRBD Proxy
V1
V1、V3
V3
Pacemaker
1.0.x
1.0.13、1.1.12+
1.0.13、1.1.12+
Corosync
N/A
2.3.4+
2.3.4+
Heartbeat
3.0.x
3.0.5+
3.0.x
サポート内容 インシデントサポート
カーネルアップデートへの対応
新機能の追加
×
×
×
DRBD 8.3.xの新リリース
×
×
×
DRBD 8.4.xの新リリース
×
DRBDのホットフィックス
ゴールド、プラチナ、プラス、エンタープライズ
ゴールド、プラチナ、プラス、エンタープライズ
ゴールド、プラチナ、プラス、エンタープライズ
Heartbeatのホットフィックス
ゴールド、プラチナ、プラス、エンタープライズ
ゴールド、プラチナ、プラス、エンタープライズ
ゴールド、プラチナ、プラス、エンタープライズ
Pacemakerのホットフィックス※1
ゴールド、プラチナ、プラス、エンタープライズ
ゴールド、プラチナ、プラス、エンタープライズ
ゴールド、プラチナ、プラス、エンタープライズ

次にDRBD9についてのEOLは下記のようになっております。(該当部分のみ。その他は上記の表に準じる)

 
標準サポート
拡張サポート
サポート期限
〜(未定)
〜2030年末
サポート対象バージョン DRBD
9.0~
9.0~
サポート内容 インシデントサポート
カーネルアップデートへの対応
新機能の追加
×
DRBDのホットフィックス
プラス、エンタープライズ
プラス、エンタープライズ

標準サポートのフェーズ2では、フェーズ1の時期に構築されたシステムのメンテナンスのために、DRBD 8.3.16およびPacemaker 1.0.13を継続してサポートします。ただし、これらのバージョンの開発は終了しているため、機能の追加は行われません。また、DRBD 8.3.16はカーネルアップデートに対応しますが、ディストリビューションの新メジャーバージョンには対応しません。

※DRBD、DRBDロゴ、LINBIT、およびLINBITロゴは、LINBIT HA-Solutions GmbHの各国における商標または登録商標です。

DOWNLOAD
ダウンロード

img06

DOWNLOAD

カタログ、セミナー資料のダウンロード

img06

DOWNLOAD

技術資料、マニュアルのダウンロード

img06

DOWNLOAD

ユーザ事例のダウンロード