会社案内

「IT基盤の安全と安心を支える」という株式会社サードウェアの経営理念を、SIOSの多彩なリソースにより継承していきます。

株式会社サードウェアからサイオステクノロジー株式会社へ

2018年12月、サイオステクノロジー株式会社は株式会社サードウェアを吸収合併し、経営統合致しました。

株式会社サードウェアは、1997年のインターネット黎明期の時代において、オープンソースソフトウェア(OSS)、Linux分野を中心に
様々なソリューション、製品開発・サポート・システムコンサルティングを行う目的で、その分野での第一人者である久保元治によって
創業・設立されました。

特に昨今では、「DRBD」開発元であるオーストリア・LINBIT社と総代理店契約を2008年に締結し、
OSSである「DRBD」「Pacemaker」「Corosync(Heartbeat)」そしてそれらを組み合わせた「Linux-HAクラスタスタック」の商用
サポート・サービスである「LINBITクラスタスタック・サポート」を発表・販売開始すると、大手情報通信企業を中心に小規模クラスタから
巨大エンタープライズクラスタまで様々なシステムに採用され、OSSの一番のメリットである「コストメリット」を享受しつつ、
OSSの大きな懸念点であった「セキュリティ」と「サポート」を解決させた画期的製品として10年以上支持されており、
現在も日本各地で「止めてはいけないシステム」を護っております。

さらに、2014年から、スイス・BaculaSystems社の日本地区代理店として、OSSから生まれ、法人エンタープライズ環境に最適化された
バックアップソリューション「Bacula Enterprise Edition」を販売開始し、「消えては困るデータ」を護っています。

このように、OSSを通じて日本全国にあるITインフラの「止めてはいけないシステム」「消えては困るデータ」を護る事を明確に会社が向かうべき
方向性として定め、2018年初頭、創立者自ら新たなコーポレートスローガンとして「IT基盤の『安全』と『安心』を支える サードウェア」
を制定いたしました。

経営統合にあたり、サードウェアの会社理念である「IT基盤の『安全』と『安心』をOSSで支える」という方向性と、
サイオステクノロジーの持つ、ビジネスフィールドの大きさ、ソリューションの多彩さ、そして何より、ICTの事業継続において同じ理念・
方向性を向いている事など、合併・統合することによるシナジー効果が大きく見込める事などから、サイオステクノロジーにジョインする
ことになりました。

サードウェアが持っているOSSの技術力、ノウハウをサイオステクノロジーの様々なリソースに融合させ、
更なる発展を遂げていきたいと思います。

会社概要

会社名 サイオステクノロジー株式会社 第1事業部BC事業企画部
※サイオステクノロジー株式会社の詳細な会社概要は下記リンクをご覧ください。
https://sios.jp/company/outline.html
設立年月日 2017年2月2日
※2017年10月1日付でサイオス株式会社(同日付で「サイオステクノロジー株式会社」より商号変更)の事業を承継
代表者 喜多 伸夫
住所 〒108-0072 東京都港区白金1-17-3 NBFプラチナタワー14F
電話:03-6859-8630 FAX:03-6259-8687
電子メール:linbit@sios.com

より詳しく

DOWNLOAD
ダウンロード

img06

DOWNLOAD

カタログ、セミナー資料のダウンロード

img06

DOWNLOAD

技術資料、マニュアルのダウンロード

img06

DOWNLOAD

ユーザ事例のダウンロード