Placeholder image

DRBDの概要

DRBDの概要

DRBD (Distributed Replicated Block Device)は、TCP/IPネットワークを通じて複数のサーバ間のHDD (パーティション)をリアルタイムでレプリケート(複製)するソフトウェアです。簡単に言うとネットワーク越しにRAID1 (ミラーリング)の環境を構築することができます。

DRBDバージョン9 (DRBD9)の特徴については、「DRBD9の概要」をご覧ください。

DRBDの動作環境

DRBDはLinux OS上で動作するソフトウェアです。現在LINBITクラスタスタック・サポート向けの認定バイナリパッケージが提供されているディストリビューションは以下のとおりです。

  • Red Hat Enterprise Linux 5、6、7
  • SUSE Linux Enterprise Server 10、11
  • Oracle Linux 6.3、7
  • Debian GNU/Linux 6.0、7.0
  • CentOS 5、 6、 7
  • Asianux 4
  • Ubuntu Server Edition 10.04LTS、12.04LTS、14.04LTS
  • XenServer 5, 6 (DRBD のみ) 

パッケージが提供されていなくても、ソースコードが公開されているため、Linuxディストリビューションであれば、コンパイルしてインストールすることができます。

必要なハードウェア

DRBDは2台のサーバ間のパーティションまたは論理ボリュームをネットワーク越しにレプリケーションするソフトウェアであるため、2台のサーバが必要です。物理サーバだけでなく仮想サーバでも動作します。高可用クラスタを構築する場合は、2台のサーバの仕様を同一に揃えることを推奨します。

特徴

1.ネットワーク経由でデータをミラーリング

DRBDは2台のサーバ間のパーティションをネットワーク越しにレプリケーションするソフトウェアであるため、2台のサーバが必要です。物理サーバだけでなく仮想サーバでも動作します。ハイアベイラビリティ・クラスタを構築する場合は、2台のサーバの仕様を同一に揃えることを推奨します。

リアルタイムのデータレプリケーション

2.ブロックデバイスで動作

DRBDはファイルシステムよりも低いレイヤーで動作し、レプリケーションされたHDDをブロックデバイスとして使用することができます。わかりやすく言うと複製されているDRBDデバイスを通常のHDDと同じような感覚で使用することができます。通常のHDDを同じような感覚で使用することができるため、データを保存するアプリケーションがミラーリングに対応する必要がありません。ほとんど全てのアプリケーションがDRBDによってリアルタイムにデータを複製しながら動作させることができます。

3.シェアードナッシング

DRBDとPacemakerを組み合わせると簡単かつ安全なハイアベイラビリティ・クラスタ(HAクラスタ)環境を構築できます。DRBDを使用しない多くのHAクラスタ環境は、データ領域を複数のサーバで共有する「共有ストレージ」を利用して実現されています。これは共有ストレージに障害が発生した場合にサービスが継続できないだけでなく、重要なデータの損失につながる可能性があります。DRBDは複数のサーバにネットワークを通じてミラーリングを実現しているため、共有ストレージを使用しません。これがDRBDが実現する「シェアードナッシング」のHAクラスタ環境です。DRBDは、サーバの台数の削減、共有ストレージという単一障害点(Single point of failure)を無くすことができる低コストで安全なHAクラスタ環境を提案します。

4.大容量のデータをサポート

DRBDは最大1PBまで対応。将来のデータ肥大化にも安心です。

DRBDは最大1PBまで対応

5.複数のDRBD領域を作ってWAN帯域の上限まで使ったレプリケーション

DRBDはサイトをまたがった遠距離のレプリケーションにも対応。レプリケーション領域も複数設定できるので、WAN経由の遠隔地バックアップ時のTCP上限での頭打ちボトルネックを回避し、契約帯域の上限までのレプリケーションが可能になり、高速かつ大容量のデータ転送を実現できます。

複数のDRBD領域を作ってWAN帯域を使ったレプリケーション

ライセンス

DRBDはオープンソース・ソフトウェアとして、LINBIT社(オーストリア、ウィーン市)が開発しています。GNU Public License 2(GPLv2)でライセンスされています。

サポート

ミッションクリティカルなサービスのHAクラスタ構成をサポートするため、当社のLINBITクラスタスタック・サポートでは、DRBDだけでなくPacemakerおよびその関連パッケージをソースコードレベルでサポートしています。

より詳しく

Thirdware Linux-HAをより詳しく理解していただくために、次のトピックもご覧ください。

※DRBD、DRBDロゴ、LINBIT、およびLINBITロゴは、LINBIT HA-Solutions GmbHの各国における商標または登録商標です。

DOWNLOAD
ダウンロード

img06

DOWNLOAD

カタログ、セミナー資料のダウンロード

img06

DOWNLOAD

技術資料、マニュアルのダウンロード

img06

DOWNLOAD

ユーザ事例のダウンロード