DRBDバージョン9

DRBDバージョン9の先進性

LINBIT社は、ストレージのリアルタイムレプリケーション機能であるDRBDを、10年以上にわたって開発、サポートしてきました。弊社は2008年から10年以上にわたって、DRBDおよび高可用ソリューションをLINBIT社の日本総代理店としてサポートしてきました。

DRBDバージョン9は、従来のバージョンとの互換性を維持しつつ、PCIeストレージやInfinibandなどの最新のハードウェア性能を最大活用し、クラウドコンピューティングやビッグデータなどのニーズへの適合をはかった、次世代のエンタープライズ向けストレージソリューションです。

DRBDバージョン9は以下のような先進性を備えています。

  • 最大32ノードのリアルタイム同期レプリケーション
  • 実質無制限のデータサイズをサポート
  • 高速半導体ディスクやSSDへの高速I/O
  • RDMAネイティブサポート
  • データ読み込み時のロードバランス
  • 同期と非同期の混在、高可用性と災害対策を同時に実現

多ノードレプリケーション

DRBDバージョン9は最大31台までのサーバにデータをレプリケートできます。すべてのサーバ間でコネクションを張る、新開発の「フルメッシュ」テクノロジーを採用。最適な経路でリアルタイムのレプリケーションが維持されます。洗練された内部アルゴリズムにより、データ転送の重複は排除され、レプリケーション状態のロギングなどのオーバヘッドも最小化されています。このため、多ノードレプリケーション時も良好なパフォーマンスが得られます。

drbd9-01

実質無制限のデータサイズをサポート

DRBDでレプリケートできるボリュームサイズは最大1ペタバイト。1台のサーバで同時に複数ボリュームをレプリケートできるため、数千台までスケール可能なストレージクラスタで取り扱えるデータサイズは、実質無制限です(数千台までのスケーラビリティは現在開発中)。

ストレージ性能を生かす高速性

DRBDは、Linuxカーネル(2.6.33以降)に正式に取り入れられているブロックデバイスのドライバです。レプリケーションのロギング、デバイス特性を考慮したI/Oなど、低レベルでの高度な最適化が可能で、高速なディスクI/Oを実現します。たとえば、約9,000トランザクション/秒の処理能力を持つ半導体ストレージでは、DRBDでレプリケートした状態でも約7,800トランザクション/秒の高速性を維持。レプリケーションによるオーバヘッドはわずか数パーセント〜15パーセントにとどまります(下図)。

drbd9-02

RDMAなど高速トランスポートのサポート

10ギガビット・イーサネットの最大転送データ量は約1.2ギガバイト/秒です。これは最近のPCIeストレージが達成できるI/O性能のレンジにすぎません。複数の高速トランザクションに伴うデータストリームを同時に通すには、今や10ギガビット・イーサネットでは役不足です。

DRBDバージョン9は10ギガビット・イーサネットやInfinibandのIPoIBに加えて、RDMAをネイティブにサポートします。高速半導体ストレージやSSDなどの高速デバイスの活用に必要な帯域を十分にまかなえるため、従来のストレージクラスタが苦手としていたディスク書き込みの高速化を簡単に実現できます。

drbd9-03

データ読み込み時のロードバランス

DRBDバージョン9はデータを複数のサーバのストレージに同時に書き込み、複数のサーバからラウンドロビンなどの手法で分散してデータを読み込めます。つまり書き込みは「ネットワーク越しのRAID1 (ミラーリング)」、読み込みは「ネットワーク越しのRAID0 (ストライピング)」といった挙動になります。適切なネットワーク環境下では、DRBDバージョン9ベースのストレージシステムでは、冗長化しないシステムと比較して、数割〜数倍高速なデータ読み込みが可能になります。

drbd9-04

同期と非同期の混在、高可用性と災害対策を同時に実現

DRBDバージョン9はこれまでのDRBDの機能を完全に継承します。DRBDバージョン9でも遠隔地とのレプリケーションのための非同期モード、同期レプリケーションと非同期レプリケーションの混在が可能です。3台以上にレプリケートするときにっ従来のDRBDでは不可欠だったスタッキング(積み重ね)もDRBDバージョン9では不要なため、システム設計と運用はこれまでより簡単になります。

drbd9-08

Corosync/Pacemakerと組み合わせた高可用クラスタシステムや、DRBD Proxyと組み合わせた遠隔バックアップシステム、災害対策システムも引き続きDRBDバージョン9で構築・運用可能です。

より詳しく

DRBDバージョン9をより詳しく理解していただくために、次のトピックもご覧ください。

※DRBD、DRBDロゴ、LINBIT、およびLINBITロゴは、LINBIT HA-Solutions GmbHの各国における商標または登録商標です。

DOWNLOAD
ダウンロード

img06

DOWNLOAD

カタログ、セミナー資料のダウンロード

img06

DOWNLOAD

技術資料、マニュアルのダウンロード

img06

DOWNLOAD

ユーザ事例のダウンロード